ベトナム入国カード、税関、入国審査の完全ガイド!【2023】

2023年ベトナム入国カードについて

外国を訪れる際、入国カードの記入は基本的なことですが、英語での記入によるプレッシャーで入国カードの記入に困った経験が一度は経験したことがあるかもしれません。

一方、ベトナムは2023年現在、国際空港を通じて入国する際には入国カードの記入は必要ありません。

記入するための紙すらなく、配布すら行っていません。出国時も同様です。これは約10年前から現在まで続いている事項であり、近い将来に規定が変更される可能性はほぼないと言えます。

ベトナム入国カード以外にも以下の書類の提出は必要ありません。

  • 2022年5月15日以降、ベトナム入国時の新型コロナウイルス陰性証明書の提出は不要
  • ワクチン接種の有無に関わらず、検疫は免除

一方、カンボジアやラオスなど他の国からベトナムを陸路で訪れ、国境検問所を通過する際には入国 カードの記入を求められることがあります。

베트남 비자 목
陸路を通じてベトナムに入国する際に通る入国審査場の写真 ソース: dreamstime

国境検問所には入国カードが用意されているので、記入すればよいです。しかし、これは非常に稀なケースであり、ほとんどの人は飛行機でベトナムを訪れるでしょうから、特に気にする必要はありません。

ベトナムの入国カードはなぜ必要ないのでしょうか?

通常、外国を訪れると、その人がどこに滞在し、何の目的で来たのかを把握するための入国カードが求められます。

しかし、ベトナムでは、日本人に対して45日というビザ免除期間が明確に定められており、私たちがどこに滞在しようとも、その宿泊施設のオーナーが政府に外国人の位置を報告することになっています。

単純な旅行を基準にした場合、提出すべき書類はありませんが、ビザなしで訪れる場合は、ビザ免除期間内にベトナムから出国する航空券を必ず持参しなければなりません。

もし、ベトナムで45日以上の観光や滞在を希望する方は、ベトナムビザ情報の完全整理記事を参考にしてみてください!

ベトナムの入国手続きは?

ベトナムには入国手続きと呼べるものがありませんが、気になる方のために順を追って説明します。

  1. 飛行機から降ります。
  2. 人々が集まっている方向に進みます。
  3. 入国審査の列に並んで順番を待ちます。
  4. パスポートと帰国の航空券を提出するか、スマートフォンで表示します。
  5. 質問があれば、それに答えます。
  6. パスポートと航空券を返してもらって出ます。

ベトナムの入国審査はどのように進行するのでしょうか?

おそらく入国審査は、外国を訪れる際に最も緊張する部分の一つでしょう。何の問題もないのに、なぜか不安になるものです。

ベトナムは非常に便利です。何もしなくても、ただパスポート+往復航空券を見せるだけで大丈夫です。

空港のWi-Fiがあまり使えないので、必ず事前にキャプチャを取っておくか、可能であれば印刷しておくとより確実です。

特に問題がなければ、ほとんどの場合、質問もしません。とにかく言葉が通じないことをよく知っています。

あなたが特にベトナムで問題を起こしたことがある場合、または日付を間違えてビザ免除期間(45日)が過ぎた後に出国する場合は、入国が拒否される可能性があります。

それ以外の場合は、気楽に通過すれば大丈夫です。

ベトナムの税関申告書は?

このように、ベトナムに入国する際には入国カードの作成は必要ありませんが、逆に税関申告をしなければならない商品を持って搭乗する場合は、別途税関申告書を作成しなければなりません。

税関申告書の作成が必要な商品を持って搭乗する観光客は非常に稀で、簡単に説明すると、以下のような代表的な品目があります。

ベトナム入国禁止品目

  • 22度以上の酒類1.5L以上
  • タバコ200本以上
  • シガー100本以上
  • 現金5,000ドルまたはそれ相当の外貨など
  • 金300G以上
  • 銃器、爆発物、麻薬など
  • ベトナムの人々に悪影響を及ぼす可能性のある出版物、写真、ビデオ、DVD、CD、ポルノ

ここで注意すべき点は、5,000ドル以上の現金です。ベトナムは外貨の流入を非常に厳しく管理しています。

特別な理由がない限り、5,000ドル以上の現金を持って搭乗して発見されると、超過額は没収されるので注意してください。

税関申告書は英語で記入する必要があり、申告書にはベトナム語/英語が一緒に表示されています。

基本的に飛行機で配らないので、該当事項がない方は気にしなくても大丈夫です。

ベトナムの入国審査時に質問はありますか?

入国審査時の質問はある場合もあり、ない場合もありますが、ほとんどが形式的な質問です。

ビザ免除で入国する場合、往復の航空券をきちんと見せれば心配する必要はありません。

審査時の質問はほとんどが、なぜベトナムに来たのか?どのくらい滞在するのか?どこに滞在するのか?いつ出国するのか?など、非常に単純な質問が1〜2つ程度です。

とにかく相手もコミュニケーションがうまくいかないことを知っているので、英語で「トラベル」(旅行)、「ホテル」など、単純に答えれば大丈夫です。

出入国審査時に公安から理由もなく呼び出されたり、制裁を受けました。

もし、あなたが何も間違ったことをしていないのなら、堂々と立ち向かうことができます。

ベトナムという国を私たちの常識で考えないでください。出入国審査時に何も問題がなくても、無理やり理由をつけて賄賂を求める国です。

特に、このようなケースは、ベトナムを定期的に訪れたり、長期滞在する場合に頻繁に発生します。

例えば、ベトナムを定期的に訪れ、毎回40日間滞在すると想像してみてください。

「あなたは観光目的で入国したわけではない」と言いながら、出入国審査時に必ずお金を巻き上げようと理由をつけます。

私がベトナムに入国して40日間ホテルに滞在するだけで、それが出入国審査をする職員と何の関係があるでしょう?

ビザや出入国期間を適切に守れば、法的には何も問題ありません。制裁する権限自体もありません。ただ単にお金を巻き上げたいだけです。

だから、堂々と立ち向かってください。

この記事は参考になりましたか?

★を選択することで誰でも簡単に評価できます

返信を残す

コメントポリシー : サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。コメントに関しまして管理人の裁量によりスパムと判断した場合削除させて頂くことがございます。予めご了承ください。

×