ベトナム人女性に会う前に知っておくと良い6つの違い

ベトナム人女性について

ベトナム人の女性との交際を考えたり、国際結婚を検討している方が多いのではないでしょうか。

この記事では、どうすればベトナム人女性に会えるのか、どのアプリを使えばいいのかといったことについては説明しません。

ベトナム人女性に会う前に、一度は考えておくべきベトナム人女性と私たちの違いについて説明します。

この記事は極めて個人的な経験に基づいて書かれたものであることを予めお伝えしておきます。

一つの国の女性を、どうやって一つの記事ですべて説明できるでしょうか。

人によって違うし、年齢によっても違うし、地域によっても違います。だからこの記事は、こういうケースもあるという程度の参考程度にとどめてください。

考え方自体が私たちとは違う

私たちの考えや文化でベトナム人女性を判断してはいけません。私たちから見ると、ベトナム人女性は人種など肌の色の違いはあるものの、日本人女性とかなり似ているように見えます。

ベトナムという国の文化も日本と似ていて、中国そして仏教と儒教の大きな影響を受けており、主食としてはご飯を食べます。

しかし実際には大きな違いがあり、私はベトナム人女性と付き合うようになると、文化の違いよりも常識の違いの方が大きな影響を与えると思います。

つまり、日本で一般的に考えられている「常識」が、ベトナム人女性には通用しないケースが非常に多いのです。

  • アパートに住んでいるのに、いつもドアに鍵をかけずに出かけたり
  • 他人の前で愛情表現の理由で突然恋人の頬を強く叩いたり
  • 家に帰ってきたらガス臭いのに、かえってガスコンロに火をつけたり
  • 全然しなくてもいいことをして、事態をさらに大きくしたり

ミスで済ませるには、私たちが考える常識から外れた行動が非常に多いのです。しかし問題は、こういったことが起こるとたいてい喧嘩になってしまうことです。

なぜなら私たちのレベルでは常識なのに、その常識を知らないから。だからベトナムと日本の文化の違いではなく、常識の基準が違うことを理解しなければなりません。

両親が決定権を持っている

ベトナムは都市と農村を問わず、まだ両親、特に母親が結婚の決定権を持っているケースが多いです。

私たちが考えている以上に、ベトナムでは両親の影響力がとても強いのです。

実際にこのことが原因で、ベトナム人女性との結婚が破談になるケースが後を絶ちません。

日本では普通、結婚というとかなり慎重に考えます。付き合って1、2ヶ月で結婚する人がどれだけいるでしょうか。

ところがベトナムでは、すぐに結婚の話が出てきます。それも交際期間に関係なくです。

両親の影響力がとても大きいです。

もちろん国際結婚を前提に付き合ったり、相手が本当に気に入っているからそうなることもあるでしょうが、ほとんどの結婚の話は交際中のベトナム人女性からではなく、女性の家族、特に母親から出てくるケースがほとんどです。

付き合ってそんなに経っていないのに、家族にも会おうと言われ、会ったら結婚したらどうかと言われたら、どう行動しますか。

ほとんどの日本人男性は負担に感じるでしょう。

こういった両親が決定権を持つ問題は、ベトナム国内でも娘を国内の男性(主に離婚男性)の愛人として送り込んだり、外国人を対象にした売買婚が頻繁に行われています。

結婚が早い

ベトナムでは、ほとんどの女性が早く結婚します。通常、25〜26歳までにはほぼ全員が結婚します。

2022年に発行されたベトナムの平均結婚年齢に関する記事(ベトナム語)では、1985年から2020年までの時代別平均結婚年齢が提供されています。

2020年を基準にすると、ベトナム人女性の平均結婚年齢は23.5歳で、最も遅く結婚する地域はホーチミン市で、26.2歳で結婚します。

ベトナムが徐々に発展するにつれて、結婚年齢は遅くなっていますが、それでもまだ23〜25歳で皆結婚します。

ベトナム人女性は、この時期の適齢期を逃すと、結婚することが徐々に難しくなります。特に20代後半を過ぎて30代になった瞬間、結婚は本当に難しくなります。

実際、ベトナム人同士の結婚はほとんど不可能で、外国人男性との結婚が多くなります。

お金が現実だ。

日本でもお金のために結婚が行われますが、ベトナムではなおさらでしょう。

ベトナム人女性があなたに好意を示すのは、99%はまずお金に関係があると考えるのがいいでしょう。

ほとんどの人は、ベトナム人女性が自分にお金のために好意を表現したり、好きになったりするのではなく、純粋な心から本当に好きだと勘違いすることがとても多いです。

この記事を読んでいるあなたの年齢が何歳であれ、何をしていようと、大多数のベトナム男性よりもはるかに稼いでいるでしょう。

ベトナムは地域ごとに最低賃金が分かれていて、ホーチミン近郊のブンタウ地域の場合、1ヶ月の給料で約700万ドン(約36万ウォン)ほど稼ぎます。

ベトナム人女性が外国人を見る視点に、まずお金が入ってくるのは避けられません。

お金が現実です。

私は実際に年齢差の大きい日本人男性と交際しているベトナム人女性に、なぜその男性と交際しているのかを尋ねました。

そして、お金持ちだからという率直な答えを聞きましたが、私はその答えを聞いて「あなたがお金持ちかどうかなんて関係ないでしょう?」と聞き返しました。

すると「女はわかるものよ」という非常にシンプルな答えを私にくれました。

私はその後、同じような質問を多数のベトナム人や外国人女性に尋ねましたが、ほとんど同じような答えが返ってきました。

男性を締め付けることが多い。

この部分は個人によってかなり大きな差が出ると思います。しかし一般的に日本女性は

日本は欧米や日本など西洋化された他の先進国と比べて、男女がお互いにある程度締め付け合っていると思います。

締め付けることは決して悪いことだとは思いませんが、ベトナム人女性の場合、この締め付けるという基準が日本女性よりもはるかに厳しいと思います。

これは特に国際結婚ではなく、ベトナム国内でとても激しく起こっています。

おそらくこの記事を読んでいる大多数の男性は、男性にはある程度の最低限の自由が必要だということに共感するでしょう。

しかしベトナム人女性と付き合うと、その自由がとても減ります。率直に言って「なんでそこまでついてくるの?」という言葉が出てきます。

よく言われるように、気軽に知人と一杯飲むのも難しいことが多いです。

ひどい場合は、知人との飲み会は許してくれるものの、頻繁にビデオ通話がかかってくることもあります。

年齢差は都市と農村で異なる。

ベトナムは都市と農村の格差が非常に大きいです

多くの人がベトナム人女性との交際や結婚を考えると、大抵自分と年齢差の大きい若い女性と出会えると思うでしょう。

しかしこれは正しい言葉でもあり、間違った言葉でもあります。

10年前までは、ベトナムでの年齢差は数字に過ぎませんでした。しかし現在のベトナムは驚くべき速さで発展している国で、これは結婚市場にも大きな影響を与えています。

  • 簡単に国際結婚を通じて例を挙げてみましょう。

通常、日本でベトナム人女性と国際結婚をするために業者に依頼すると、相談を経た後、業者は日本人男性と結婚に興味のあるベトナム人女性に、日本人男性の履歴書のような書類を送ります。

それを見てベトナム人女性は、会うか会わないかを決めるのですが、現在は年齢差が大きいと断る場合も多いです。

都会出身の場合は特にその割合が高いです。年齢差を抜きにして年齢が高ければ、そもそも会いに行きません。

一方、田舎出身はこのような年齢差をあまり気にしないのですが、30歳差があっても普通のことで気にしない地域もあります。

私たちが国際結婚業者にベトナム人女性と結婚するために依頼するように、ベトナムでは多くのベトナム人女性が外国人と結婚したがっています。

その中には本当に田舎娘もいますが、風俗業出身や、シングルマザー、バツイチなど非常に多様です。

もちろん業者に依頼する時点でフィルタリングがかかるので、このような女性に出会う確率は低いですが、絶対ではないということをお伝えします。

この記事は参考になりましたか?

★を選択することで誰でも簡単に評価できます

返信を残す

コメントポリシー : サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。コメントに関しまして管理人の裁量によりスパムと判断した場合削除させて頂くことがございます。予めご了承ください。

×