ベトナムで絶対に行きたいリゾート地ベスト5

ベトナムの国土の東側は海に接しており、トンキン湾から始まって南シナ海まで続く約3,260kmの長い海岸線を有しています。

この長い海岸線に沿って多くの都市と島が高級リゾートを伴うベトナムのリゾート地として開発され、現在も活発に開発が進められています。

この記事では主に海岸に位置する都市のみを選定し、詳しく紹介していきます。

ベトナムリゾートベスト5

海岸に接するベトナムのリゾート地は、安価な海産物、多様なマリンアクティビティ、ボートを利用したホッピングツアー、ヘウンデの数倍の長さを誇る白砂のビーチなど、共通して似たような特徴を持っています。

この記事では同じ説明を繰り返すよりも、各都市が持つ都市ならではの特徴を中心に説明します。

ダナン

マーブルマウンテンからダナンのビーチを撮影した写真
果てしなく広がるダナンのビーチの写真 : Changho_paeon

ダナンはベトナムを代表するリゾート地であり、韓国人が最も多く訪れるベトナムの都市です。

ダナン市観光協会によると、ダナンを訪れる外国人の50%が韓国人で、その数は100万人を超えるという統計があるほどです。1

ベトナムの5大直轄市に属するダナンは、この記事で紹介する他のベトナムのリゾート地の中で最も発展した都市です。

広大なビーチと安い物価。週120便運航するダイレクト便と、コストパフォーマンスに優れたホテルは、なぜダナンが外国人にこれほど人気のあるリゾート地なのかをよく示しています。

ベトナム第3の都市であるだけに、ある程度開発が進んでいるため、とても静かな雰囲気のリゾート地とは少し距離があります。

しかし、ダナンは観光とリゾートの二兎を同時に追うことができるほぼ唯一のベトナムのリゾート地です。

マーブルマウンテン、バーナヒルズテーマパークなど、ダナン内の見どころも充実しており、何より1時間の距離にホイアンというベトナムを超えてアジア最高の観光地があるため、いくらでも行き来することができます。

参考記事:ホイアン旧市街はどんなところですか?

ホイアン以外にも、ダナンの隣のフエ(Hue)は日本の京都のような役割を果たすベトナムの古都だったため、見どころが多いです。

つまり、ダナン – ホイアン – フエとつながる中部観光とリゾート。二兎を同時に追うことができます。

場所名 ダナン
場所名 Da Nang
日本からの直行便 多い
訪問するのに良い時期 12月~8月

フーコック

ベトナムのビーチの中で最も透明度の高いフーコック

最近、日本でフーコックほど熱いベトナムの観光地があるでしょうか?

ベトナム最南端のタイランド湾に位置するフーコック島は、島全体がリゾート地として多くの高級リゾート、遊園地、テーマパーク、ウォーターパークが計画的に建設されたフーコックは、ベトナム人も旅行に出かけるリゾート地です。

フーコックは今も継続的に開発が進められてはいますが、一定の地域に限定されており、島全体から見ると他のベトナムのリゾート地に比べて開発が遅れている都市です。

ベトナム国内でも最も透明度の高い海と閑散とした街並みは、リゾートとは何かを正しく示しています。

私は個人的に「リゾート」あるいは「子供連れの家族旅行」という観点から見ると、このフーコックがベトナム最高だと思います。

しかし、フーコックにはとても大きな欠点があります。日本からフーコックへ運航する航空便がいないことです。

ベトナムではホーチミンを、日本では仁川(インチョン)国際空港を経由しなければならないという欠点があります。

場所名 フーコック
場所名 Phu Quoc
日本からの直行便 なし
訪問するのに良い時期 12 ~ 5月

ニャチャン

ベトナム中南部に位置するニャチャンは、ダナンと並んでベトナムリゾートの両雄です。

Agodaを基準に登録された5つ星ホテル・リゾートの数だけでも50ヶ所近くに上り、これはベトナムのすべての都市の中で最大規模です。

ダナンととてもよく似たリゾート地ですが、個人的にはやや劣るバージョンのダナンだと思います。

※ おすすめ記事:ダナン VS ニャチャン徹底比較

ひたすら「リゾート」という側面ではダナンよりも良いかもしれませんが、周辺の観光地や利便施設の面ではダナンとは比較になりません。

ニャチャンは観光地が多いほうではなく、それでも近いところはダラットですが、最低3時間はかかります。

ダナンに比べて静かだという長所と、ダナンよりもマリンアクティビティが多いです。さらに各種高級リゾートも多いので、海とマリンアクティビティ+高級リゾートを重視する方にはニャチャンが良い選択肢になりそうです。

場所名 ニャチャン
場所名 Nha Trang
日本からの直行便 多い
訪問するのに良い時期 1 ~ 9月

ムイネー

2023年、ホーチミンからムイネーまで新しい高速道路が開通すれば、ムイネーは今やホーチミンから約2時間の距離にある近いリゾート地へと生まれ変わりました。

ベトナム最大の都市であるホーチミンも訪れ、リゾートも楽しみたい方にはムイネーが最高の選択肢になるでしょう。

ムイネーにはダナンやニャチャン、フーコックのような有名なビーチはありませんが、コストパフォーマンスに優れたリゾートが軒を連ねており、通る車両もほとんどない、とても閑散とした小さな都市です。

このムイネーにはベトナムの他の地域では見られない観光地が大きな特徴ですが、赤い砂漠やフェアリーストリームは、リゾートのためだけではなく、わざわざ時間を作って訪れる価値のある観光地です。

ただし、ムイネーが属するビンツアン省には空港がないため、韓国から直行便で訪れることができません。必ずホーチミンから車で移動しなければならない欠点があります。

場所名 ムイネー
場所名 Mui Ne
日本からの直行便 ホーチミンから車で移動します。
訪問するのに良い時期 12 ~ 5月

クイニョン

クイニョンは、この記事で紹介したすべてのベトナムの観光地の中で、日本人にとって最も馴染みのないベトナムのリゾート地かもしれません。

ダナンとニャチャンの中間あたりに位置しており、韓国から訪れる直行便自体がないため、まだ知名度はかなり低いですが、ベトナム国内ではかなり知られたリゾート地です。

クイニョンを簡単に説明すると、開発が遅れており、観光客も少ない分、他のリゾート地に比べて本当にローカルを体験したい方にのみおすすめしたいと思います。

クイニョンはリゾート地と呼ぶことはできますが、観光地とは呼びにくい都市です。

確かに、クイニョンはまだ観光インフラが整っておらず、日本から経由便を利用して訪れる場合、少なくとも10〜16時間かかります。

一方、ベトナム国内から移動する場合、ホーチミンからは飛行機で約1時間、ダナンからは車で6時間の距離に位置しており、特に訪れる理由がなければ、訪問することはないでしょう。

他の人々があまり訪れないリゾートを訪れたいと考えている方には、クイニョンが良い選択肢になるかもしれません。

場所名 クイニョン
場所名 Quy Nhon
日本からの直行便 ない
訪問するのに良い時期 12 ~ 8月

この記事は参考になりましたか?

★を選択することで誰でも簡単に評価できます

返信を残す

コメントポリシー : サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。コメントに関しまして管理人の裁量によりスパムと判断した場合削除させて頂くことがございます。予めご了承ください。

×