ベトナムのホテル予約時に知っておくと便利な4つのポイント

ベトナムのホテルについて、以下の点を考慮してください。

ベトナムのホテルを予約するために様々な場所を探しても、肯定的なレビューだけが残っているホテルを見つけるのは難しいでしょう。

ベトナムのホテルだけでなく、他の外国のホテルでも同様の経験をしたことがあると思いますが、

今回は、ベトナムのホテルを予約する際に最もよく発生する不満事項についてまとめてみました。ベトナムは現在急速に発展している国ですが、まだ田舎に近い国です。

ベトナムの3つ星ホテルと日本の3つ星ホテルは同じ3つ星ですが、設備やサービス、清潔さには比較できないことを皆さんはよく知っていると思います。

今回は、ベトナムのホテルに滞在する際によく発生する問題点とその解決策を紹介します。

防音

ベトナムのホテルで最も一般的な欠点は、まさに防音です。どのホテルのレビューを参照しても、防音が効かない、またはうるさいというレビューをよく見かけるでしょう。

これはホテルだけでなく、ベトナム全体の住宅の問題でもあります。ベトナムは基本的に暑い国で、建築に使用されるレンガも日本とは異なり、穴がたくさん開いたレンガを使用して施工するため、防音に非常に弱いです。もちろん、基本的な壁の厚さも薄いです。

そのため、どのホテルに滞在しても騒音問題を経験する可能性があります。もし騒音に敏感な方であれば、最初にホテルを予約する際には比較的「バックパッカーストリート」から離れた地域のホテルを予約することをお勧めします。

ホーチミンブイビエン通りのホテル写真
このような場所では、ぐっすりと眠るのが難しいでしょう。

ベトナムのほとんどの都市には、所謂バックパッカーストリートと呼ばれる地域があります。主に旅行者向けの便利な施設が集まっている地域ですが、

この周辺にはバー、クラブ、レストランなどが深夜まで営業しており、多くの旅行者が通り過ぎるため、騒音にさらされやすいです。したがって、騒音に敏感な方は、この地域は避けることをお勧めします。

アリ

アリはベトナムのどこにでもいます。特に1つ星のホテルから5つ星のホテルまで区別せず、高級ホテルから一般の家庭まで、アリとの戦いです。

なぜこれほど多くのアリが出るのかはよくわかりませんが、基本的にどこでもアリがいると思ってください。しかし、出てくるのがアリなので幸運でもあります…

この問題は基本的に解決するのはほぼ不可能です。同じホテルでも部屋によって異なるからです。

アリがとても多く出てくるわけではありません。

できるだけ部屋の中では食べ物を食べた後は袋に入れてしっかりと閉じ、ゴミ箱に入れておくことが良いでしょう。また、ゴミ箱はベッドから遠くに置いておくと精神的に楽です。

そして、比較的最近建設されたホテルを選ぶことをお勧めします。

暖房の有無

ベトナムは日本よりも少し小さいですが、南北に長い国なので地域によって気候の差が大きいです。代表的には以下のように分けることができます。

  • ホーチミンを代表とする南部地域は6ヶ月が真夏で、残りの6ヶ月は雨の季節です。
  • ダナンを代表とする中部地域は一年中晴れていますが、特定の時期の雨季には観光が不可能なほどの大雨が降ります。
  • ハノイを代表とする北部地域は四季があり、冬はダウンジャケットを着るほどです。

また、特定の都市は南部地域にあるにも関わらず、気候の差が大きい場合があります。

ダラットのように高地に位置する場合は、通常でも天候が非常に涼しく、時には寒く感じることもありますが、安価なホテルを予約すると暖房が効かず、冷房だけが出ます。

本当にダウンジャケットを着たいと思うような天候でもです。そのため、このような寒い地域を冬に訪れる予定であれば、必ずホテルに問い合わせて確認してください。

ベトナムの中部と北部を訪れる場合、時期によっては暖房の有無を必ず確認してください。

それ以外の場合は、必ずある程度厚みのある上着を持って行くようにしてください。

厚みのある上着は寒い天候でなくてもベトナムで有用に着ることができます。ベトナムはエアコンを非常に多く使用します。

例えば、ツアーバスで都市を移動する際には、冷房が強すぎて風邪をひかないかと思うほどです。

南部地域を訪れるのであれば薄い上着を、中部は少し厚めの上着を、北部は時期によってはダウンジャケットを検討してください。

朝食

ベトナムのホテルは1つ星のホテルから5つ星のホテルまで、ほとんどが朝食を提供しています。高級ホテルでない限り、朝食提供は大きな特徴ではなく、ホテルの価格に大きな影響を与える要素ではありません。

ベトナムではほぼ全ての食事がテイクアウト可能です。スープ付きのフォーからチャーハン、焼肉、魚など、ほぼ全ての食事が可能で、価格も非常に安いです。

外国人観光客が多いところでは、朝食にサンドイッチを提供していることもあります。

そのため、安価なホテルでは「朝食付き」と書かれていますが、朝食を注文すると、ただ近くから買ってきて皿に盛って出すだけのレベルにとどまります。

これらの食事は通常、数万ドン(約200~500円)の食事がほとんどなので、朝食を見て選ぶ必要はありません。

高級ホテルでない場合、ホテルの朝食を食べなくてもベトナムの食事の価格は安く、食べ物も多いので、むしろ外で食べる方がより良い選択かもしれません。

この記事は参考になりましたか?

★を選択することで誰でも簡単に評価できます

返信を残す

コメントポリシー : サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。コメントに関しまして管理人の裁量によりスパムと判断した場合削除させて頂くことがございます。予めご了承ください。

×