ベトナムの帽子 – ノンラーについての話

伝統的な帽子と聞くと、特別な日にしか使わない帽子を思い浮かべがちですが、ベトナムの場合は異なります。ベトナムの伝統帽子であるノンラーは、今もなお全国どこでも簡単に目にすることができます。

日常生活で全ての人が使用しているわけではありませんが、都市部では主に路上で商売をしている人々が、田舎では農業に従事する人々が愛用していることが多いです。

外国に紹介されるベトナムのイメージでは、女性が伝統衣装のアオザイを着てノンラーをかぶる姿が多く見られます。これほどまでにノンラーはベトナムを象徴する帽子と言えるでしょう。

ノンラをかぶったベトナム女性を撮影した写真
ノンラーをかぶったベトナム女性を撮影した写真

ベトナムの帽子の名前は?

ベトナムの帽子の正確な名前はノンラー(Non La)で、ここでノンは帽子を、ラは木の葉を意味します。直訳すると、木の葉の帽子で、日本の笠と同じです。

暑くて雨が多く降るベトナムで、主に日光を遮り、ある程度の雨を防ぐ用途で使用されます。ノンラーは南部ではクーチー地域で、中部ではフエ地域で、北部ではハノイで多く生産されています。

ベトナムの帽子ノンラの写真
ノンラーの写真

ベトナムの帽子の歴史

ノンラーには様々な種類があり、時代によってこれらの種類の帽子を全てノンラーと呼んでいたため、正確な歴史は分かりません。

さらに、このような帽子はベトナムだけでなく、東南アジアを超えて稲作を行う国では共通して使用されていました。日本にも笠や麦わら帽子があるように、日本にも葉を利用して作られた伝統的な帽子がありました。

日本の伝統的な帽子の種類。ノンラーと似た形もあります。出典:phantaporta

残された最初の記録は、ベトナムで出土した「Ngoc Lu」と呼ばれる青銅で作られた太鼓に残されています。約3000年前に製作されたこの遺物には、ノンラーの原型となる帽子が彫られています。1

したがって、少なくとも3000年前からこのような種類の帽子を使用していたと推測できるだけです。

現在のような円錐形のベトナムの帽子は、13〜14世紀のTran王朝に登場し、現在のハイフォン地域(ハノイ周辺)のMaroi村でノンラーが作られ、主に貴族の贅沢品として使用されたと伝えられています。

ノンラー、どのように作られるのでしょうか?

ノンラーを作る際に、公式に決められた素材はありません。その地域で簡単に手に入る葉や木を編んで作るだけです。

私たちが最もよく見るノンラーは、主に竹で作られています。竹で枠を作った後、ヤシの葉、ココナッツの葉、ヤシの葉など、地域によって一般的な葉を使用して作ります。

ベトナムの放送局VTVでは、約10分のノンラーの製作方法をドキュメンタリー形式で撮影しています。次の動画でご確認ください。

ベトナムの帽子、価格は?

ノンラーの価格は千差万別です。製造元、素材、サイズ、外観などによって価格は全て異なりますが、私たちが路上でよく見る通常は5〜10万ドン以内で購入できます。

一方、少し特別にデザインされたノンラーがあります。このようなものは路上では販売されておらず、ノンラーや記念品を販売するショップに行かなければ購入できません。デザインによって数十万ドンまでの価格帯が形成されています。

刺繍を施したノンラーの写真 出典: Nhà Hoa Hướng Dương

特別なノンラーとは?

  • 刺繍を施したノンラー
  • 絵を描いたノンラー
  • 絹を重ねたノンラー

ノンラー、どこで買えますか?

ノンラーは本当にベトナムのどこでも売っています。特に観光客が集まる場所では、ノンラを売るために人が歩き回って販売しているので、見つけるのは難しくありません。

市場で買うよりは少し価格が高くなりますが、ノンラーを1つ購入するために移動する必要はないので、必要な方はその場ですぐに購入することをおすすめします。

– 路上の売店
– 市場
– 土産物店
– インターネット

ベトナムの帽子、日本に持って行ってもいいですか?

ベトナムを訪れる方にとって、このノンラーはベトナムを思い出すことができる良いお土産になります。しかし、最大の問題点は、この帽子の容量が非常に大きいことです。

大人の男性が被る大きなノンラーの場合、機内持ち込み手荷物のキャリーケースには全く入らないため、別に持って飛行機に搭乗し、機内持ち込み手荷物の棚に入れる必要があります。

しかし、乗客が多い時は荷物を入れるスペースも不足している状態で、帽子を入れておくと、客室乗務員から真っ先に出すように言われるでしょう。

逆に大きなキャリーケースに入れて預け入れ荷物として送ることもできます。しかし、キャリーケースのスペースの半分以上をこのベトナムの帽子が占めてしまいます。

結局、飛行機の時間中はこれを持って乗らなければならず、空港から家に到着するまで背中に背負って歩かなければなりません。このような不便さを我慢できる方には良い選択肢になるでしょう。

この記事は参考になりましたか?

★を選択することで誰でも簡単に評価できます

返信を残す

コメントポリシー : サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。コメントに関しまして管理人の裁量によりスパムと判断した場合削除させて頂くことがございます。予めご了承ください。

×