ホーム » ブログ » ハノイ » ハノイからダナンへの4つの行き方を完全にまとめ

ハノイからダナンへの4つの行き方を完全にまとめ

ハノイからダナンまでの距離は764kmで、これは東京から広島までの距離とほぼ同じです。そのため、かなり遠い距離であり、実際に飛行機が最も好まれる手段です。

一方で、ハノイからダナンの間にあるさまざまな都市を旅行したい場合、列車やバスを利用することもできます。

この記事では、ハノイからダナンまでのアクセス方法について詳しく説明します。逆に、ダナンからハノイへのアクセスも同様に利用できます。

ハノイからダナンへの行き方

以下の表は片道、最低価格、最短時間を基に作成された要約です。

ダナンはベトナムの中央に位置しており、ほとんどのベトナム運送会社は中部のダナンまたはフエを主要拠点としています。

そのため、ハノイからダナンまでの移動手段は多様ですが、時間がかかります。

交通手段 出発地 到着地 値段 所要時間
ツアー会社のバス ハノイ ダナン 59万ドン -
高速バス 45~65万ドン 10時間30分
列車 135万ドン 15時間37分
飛行機 110~140万ドン 1時間20分

ツアー会社のバス

シントゥーリスト(Sinh Tourist)はベトナムで最も有名な旅行会社の一つで、多くの外国人が利用し、全国に支店を持つ信頼できる旅行会社です。

以前は約100万ドンを支払い、30日間無制限でベトナム全土を移動できるオープンバスチケットを販売していましたが、コロナの影響でその販売が中止されました。

そのため、ハノイからダナンまで移動するために各区間別のバスチケットを個別に購入する必要があり、総費用は次の通りです。

  • ハノイ – フエ – ダナン : 総額598,000ドン(約3400円)

ベトナムでは京都市のような役割を果たしているフエを必ず経由するため、フエを訪れたい方はこのツアー会社のバスを選んでください。

フエでの滞在時間によって到着時間が変わります。フエからダナンまでは約2時間程度の距離なので、それほど遠くはありません。

ツアー会社バスのデメリット

  • 価格が高い
  • 通常1日2回の運行で選択肢が限られている
  • バスの設備が良くない

ツアー会社バスのメリット

  • シントゥーリストの旅行会社前で乗降でき、乗車が便利
  • 旅行会社はほとんど中心市街に位置しており、アクセスが非常に良い
  • 英語でコミュニケーションができる

バスの予約方法

ハノイののシントゥーリスト旅行会社オフィスを訪れて予約するだけです。座席は指定ではなく、到着順に乗車します。

高速バス

ベトナムには各地域ごとに貨物や乗客を運ぶバスを運行している運送会社が非常に多くあります。

日本で言えば、一種の高速バスに近いですが、少し異なります。

日本の高速バスが指定されたターミナルで乗車するのに対し、ベトナムでは会社ごとに乗降できる場所がすべて異なります。

通常、ベトナムの都市ごとのバスターミナルや運送会社が指定した場所で乗降が可能と考えると良いでしょう。さらに、停留所ではなく、単なる道端でも停めてくれます。

このように希望するピックアップ場所を選択できます

私は個人的に一人で旅行する場合、ベトナム語ができないならば、ハノイからダナンのように10時間以上かかる長距離移動には高速バスの利用を慎重に検討することをお勧めします。

高速バスのデメリット

  • 稀なケースですが、問題が発生した際には乗降が非常に困難になります。
  • ベトナムの高速バスターミナルはほとんどが市内の外れに位置しているため、市内中心部への再度移動が必要です。
  • また、安全上の問題が発生する可能性もあります。(関連記事:「ベトナム一人旅で必ず知っておくべき事項」)

高速バスの予約方法

高速バスに乗るには、Vexereのウェブサイトでバスチケットを予約すれば完了です。

Vexereはベトナム全国の交通手段を比較・予約できるウェブサイトで、英語とベトナム語に対応しています。

希望の日付と訪れたい都市を検索すれば、価格やバスの内外の写真、予約状況、口コミ、乗降場所などを確認できます。

Vexereはベトナムの人々にも非常に人気があり、ベトナム全土を最安値で移動できるNo.1サイトです。

Chromeの翻訳機能を利用して詳細を確認してください。

Vexereでバスを選ぶ際のポイント

  • できるだけ多くの人が予約しているバスを選びましょう。
  • 口コミを必ず読み、運送会社の評価を確認してください。
  • 長距離路線ですので、安すぎる座席よりも、少し高めの快適な座席を選ぶことをお勧めします。

列車

ハノイからダナンまでは列車を利用できますが、ダナンまで直行する列車はありません。いくつかの都市を経由するため、思った以上に非常に遅いです。

日本の列車と同じと考えてはいけません。ハノイからダナンまでは列車で15〜18時間かかります。

列車に乗ること自体はそれほど難しくありません。ベトナムの鉄道駅はほとんど市内にあるので移動時間は短縮できますが、それを無意味にする短所が非常に多いです。

ベトナムの列車のメリット

  • 基本的に遅延が非常に多いです。10~20分の遅れではなく、数時間遅れることもしばしばあります。
  • ベトナムの列車に初めて乗ると文化ショックを受けるでしょう。
  • プラス1000円で飛行機に乗れます。
ベトナムの列車にはこのような座席もあります。

列車および座席の予約方法

ベトナムの列車は経由する都市によって番号で区別されており、所要時間も異なります。基本的に、番号が低いほど経由する駅が少なく、早く到着します。

ハノイからダナンまでの列車は次の通りです。

  • ハノイからダナンを運行する列車: SE1, SE3, SE5, SE7, SE19

最も早く到着するのはSE1またはSE3の列車です。SE1とSE3を予約するためには、以下の方法を利用できます。

乗る列車を選んだら、次に座席を選ぶ必要があります。ベトナムの列車には非常に多くの座席種類があります。

ほぼ30種類に達するようです。しかし、ハノイやホーチミンからダナンまでの長距離路線では、寝台席を選ぶのがおすすめです。精神的にも楽です。

座席は必ず2人部屋か4人部屋の下段を選んでください。選べない場合は、むしろ列車に乗らない方が良いです。

必ず2人または4人部屋の下段を選んでください!

切符を予約したら、時間に合わせて駅に移動すれば問題ありません。

  • ハノイ駅:Ga Ha Noi
  • ダナン駅:Ga Da Nang

飛行機

現実的に、ハノイからダナンを訪れる際に最も多く利用される方法です。

ダナンは空港から市内までの距離が近く、ベトナム国内線もそれほど高くないので、私はこの方法を最もお勧めします。

ベトナム国内線はLCCを利用する場合、手荷物の重量について厳しくチェックされるので、この点だけ注意が必要です。

所要時間は約1時間10分で、料金は航空会社によって異なります。以下はハノイからダナンへ国内線を運航する主要な航空会社です。

ベトナムではスカイスキャナーがあまり使えません。便があっても表示されないことが多いので、直接航空会社のサイトで確認する方が良いです。

ベトナム国内線を運航する航空会社

料金は時期によって異なりますが、最も安い場合は片道約2000円から4000円で予約できます。列車と比べても大きな差はなく、13時間も節約できます。

この記事は参考になりましたか?

★を選択することで誰でも簡単に評価できます

返信を残す

コメントポリシー : サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。コメントに関しまして管理人の裁量によりスパムと判断した場合削除させて頂くことがございます。予めご了承ください。

×