ダナンのドラゴン橋 : ダナンの新しいランドマーク

ダナンのドラゴン橋について

大都市には、その都市を象徴するランドマークがあるものですが、ベトナムのダナンでは、このダナンのドラゴン橋(龍橋)がその役割を果たしています。

ダナンで撮影される多くの写真は、主にこの龍の橋やSong Han橋を背景に撮影されており、一般的に高級ホテルなどは、この龍の橋が正面に見える位置を占有しています。

2013年に完成したこの橋は、その名前の通り、橋全体が龍の形状にデザインされていることが最大の特徴です。

五行山(マーブルマウンテン)、ミーケービーチと共にダナンを代表する観光地として、ダナンのハン川(Han River)を基準に市内と海岸を結ぶ役割を果たしています。

ダナンのドラゴン橋の特徴

ダナンの龍の橋は、ベトナム語でもCau Rong(龍橋)と呼ばれています。昼間に訪れるとただの橋に見えますが、夜になると、龍の橋に取り付けられた約15,000個のLEDが赤、橙、黄、緑、青、藍、紫などの虹色に交互に点灯し、壮観な光景を演出します。

特に、このダナンのドラゴン橋があるハン川には、龍の橋だけでなく他の橋もいくつかあります。その中でも最も代表的なのが、以前ダナンのランドマークだったSong Han橋です。

このSong Han橋にもLEDが取り付けられており、夜になると点灯します。ドラゴン橋とは常に異なる色で点灯するため、ルーフトップバーなどからダナンの夜景を楽しむのも良い方法です。

Song Han橋

また、照明が点灯するだけでなく、毎週土曜日と日曜日には特別なショー(?)が開催されています。ドラゴン橋の頭部から火と水を吹き出すイベントを行っているのです。

イベントが行われる際には、ダナンの地元住民や観光客で非常に賑わい、かなり近くからも鑑賞することができます。

ダナンのドラゴン橋の火のショーの時間と観光のコツ

イベントは毎週土曜日と日曜日の21時から数分間隔で火と水を噴射します。一度だけ噴射して終わるのではなく、約10〜20回ほど行われるため、写真を撮影するのに適しています。

イベント中は交通が規制されるため、車両では進入できません。

このように火を吹きます。出典:Khoi Tran

近距離で鑑賞するためには、少なくとも20時30分までに到着することをおすすめします。そして、必ず注意すべき点は、当然ですがドラゴンの頭部から噴射されます!このドラゴンの頭部は市内方面ではなく、海岸方面にあるため、海岸方面に行って待つ必要があります。

矢印がある方向が頭の方向です。

イベントが終了すると、再び通行が再開されます。

ダナンのドラゴン橋へのアクセス方法

ダナンの有名な観光名所ではありますが、わざわざ橋を訪れる必要はないでしょう。

橋のすぐ下を走るTran Hung Dao通りから眺めるだけで十分です。下記の住所は火の演出が行われている場所のすぐ近くの通りです。

Grabやタクシーを使ってこの公園や周辺から観覧することをおすすめします。

場所名ダナンのドラゴン橋
場所名 (ベトナム語)Cau Rong Da Nang
アドレス4 Trần Quốc Toản, Hải Châu 1, Hải Châu, Đà Nẵng 550000 베트남

この記事は参考になりましたか?

★を選択することで誰でも簡単に評価できます

返信を残す

コメントポリシー : サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。コメントに関しまして管理人の裁量によりスパムと判断した場合削除させて頂くことがございます。予めご了承ください。

×