ベトナムのコンセントで日本の製品を使えるか?(2023年)

ベトナム旅行に行く前に、必ず知っておかなければならないのがベトナムのコンセントについてです。

皆さん旅行中はスマートフォン、タブレット、デジタルカメラといった色々な電化製品を使いますよね!それらを充電するためにベトナムのコンセントがどうなっているか見てみましょう。

日本の100V電気製品をベトナムのコンセントで使えるか?

結論から言うと、日本の電気製品はベトナムのコンセントで使うことができます。プラグの型は違いますが普通に差し込めます。

しかし、問題は日本とベトナムの電圧が違う点です。日本の電圧は100Vですが、ベトナムのコンセントは韓国や中国といったアジアと同じ220Vです。

コンセント
ベトナムのコンセントはアース用の穴が開いています。

ベトナムと日本の電圧の違い

  • 東日本 : 100V 50Hz
  • 西日本 : 100V 60Hz
  • ベトナム : 220V 50Hz

日本は東日本と西日本で周波数が異なるため、日本で発売される電子製品のほとんどは電圧と周波数を幅広くサポートしています。

特に最近の大部分の電気製品は100Vから250Vまで互換が可能(僕は3年間、変圧器無しでで使っていました)ですが、壊れる可能性が全くないわけではありません。

使用する電子製品の正確な電圧を確認するためには、その商品のマニュアルをインターネットで検索してみてください。

下の写真のように、製品マニュアルには対応電圧が必ず表示されています。

ベトナム 電圧 額人
パナソニックの場合

したがって高価な電化製品や大切なものをベトナムのコンセントに差し込もうと思っている方は、電圧を100Vから220Vに変える変圧器(トラベルアダプター)を買って持っていくのがいいでしょう。

トラベルアダプターとは?

トラベルアダプターは、世界中の様々な国の電圧差を解決してくれる変圧器です。

ベトナムを訪れる際には必須ではありませんが、海外旅行を頻繁にする方はトラベルアダプターを購入するのも良い方法です。

ベトナム コンセント
トラベルアダプターの写真

トラベルアダプターは値段も安く、種類も豊富で、ベトナム以外の国でも使用することができます。

しかし、ほとんどのトラベルアダプターはかさばるので、コンセントが1つしか使えないというデメリットがあります。

ホーチミンやハノイ、地域によってコンセントの形が違いますか?

いいえ。プラグの形状は同じです。

ベトナムのコンセントが刺さらない時は?

力を入れて強く押すだけです。

ベトナムのプラグの形を見るとわかりますが、丸い形(220V)と細長い形(100V)の両方があります。

世界中から訪れた数多くの旅行者がそれぞれのコンセントでプラグを利用したと考えてみてください。

プラグの内部がへこんで曲がっている場合がほとんどです。そのため、日本のプラグがうまく入らない場合があります。

この記事は参考になりましたか?

★を選択することで誰でも簡単に評価できます

コメントする

コメントポリシー : 当サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。コメントに関しまして管理人の裁量によりスパムと判断した場合削除させて頂くことがございます。予めご了承ください。

×